秩父・深谷・熊谷の新築一戸建てならF.PRODUCTSへお任せ │ 自然素材を活かした安心価格で価値のある注文住宅を実現します。

F.PRODUCTS F.PRODUCTS

お気軽にお電話ください 0120-367-668 営業時間9:00~19:00
  • HOME
  • ニュース
  • 秩父市新築住宅コラム【断熱性能について】

News ニュース

秩父市新築住宅コラム【断熱性能について】

2019.01.06

秩父市・横瀬町・小鹿野町・皆野町・長瀞町エリアで土地探しからの家づくりをご提案しているエフ・プロダクツです。

秩父郡市など、埼玉県で新築注文住宅を検討される方々で、夏は涼しくて、冬は暖かい新築住宅を購入したいと考える方は多いのではないですか。そうは思っていても、快適と感じる体感的な要素は人によって違いますよね。 そこで、快適な住まいかどうかを判断するうえで重要な「断熱性」と「気密性」の基準と、押さえておきたいポイントを理解しておきましょう。    

〇断熱工法の種類

一般的な木造住宅では断熱工法は2種類ありますが、充填断熱工法と外張り断熱工法を併用する住宅メーカーも増えています。

「充填断熱工法」

断熱材を壁や天井の中に詰める工法で、新たな断熱空間のための資材が不要で、断熱材の厚さや種類にもよりますが、トータルのコストを抑えられます。

「外張り断熱工法」

構造材の外側を断熱材でくるむ工法で、断熱・気密性が高いというメリットがあります。  

〇窓の断熱性能

断熱性・気密性が高い新築を選ぶためには、断熱材だけでなく開口部、特に窓の性能が重要です。窓の断熱性・遮熱性や気密性は年々性能が向上しています。

断熱性・遮熱性の高い複層ガラスに高気密で熱伝導率が低く、変形しにくいサッシを組み合わせたものを選ぶことが大切と言えるでしょう。  

〇結露を防ぐ

新築で快適に過ごすには換気にも配慮が必要となります。これは結露を防ぐためです。

住宅の耐久性を考えたときにも結露は大敵なのです。ご存知でしたか?

冷えた窓や壁にあたたかく湿った空気が触れると、結露が発生します。

このような結露を防ぐには、家中の温度差をつくらないことや換気をして余分な湿気を排出することがよいでしょう。

現在の建築基準法では、24時間換気が義務づけられていますが、気密性が高い家ほど効率的に換気をすることができますので、気密性もしっかり担保された新築をおすすめします。  

〇ヒートショックを防ぐ

ヒートショックという命にも関わる現象は近年よくニュースでも取り上げられておりますが、

心筋梗塞や脳梗塞などにもつながる危険な現象です。急激な温度変化による血圧の急上昇・急低下が体に影響を及します。

このような危険が、住宅にも潜んでいるのです。

例えば、暖かいリビングから寒い玄関やトイレに行く、暖房のない脱衣室と熱い浴槽など、身近なところに危険はあるのです。

しかし、高気密高断熱の家は、家中の温度差を少なくすることができるので、年齢を重ねても安心して暮らすことができます。  

以上のように、断熱性、気密性に着目してみると、快適な住まいを作ることができます。

外気の影響を受けにくく、結露やカビが発生しにくい、部屋中どこにいても温度差が少ない、そんな新築が快適で健康に暮らせる家と言えます。

季節を問わず快適に過ごせる住まいは、広さや間取り、デザインだけでなく、断熱性と気密性を考えることで実現できます。

トップへ戻る