秩父・深谷・熊谷・寄居の新築一戸建てならF.PRODUCTSへお任せ │ 自然素材を活かした安心価格で価値のある注文住宅を実現します。

F.PRODUCTS F.PRODUCTS

お気軽にお電話ください 0120-367-668 営業時間9:00~19:00

News ニュース

秩父市新築住宅コラム【新築×諸費用】

2020.05.29

秩父市・横瀬町・小鹿野町・皆野町・長瀞町・寄居町・深谷市・本庄市エリアで土地探しからの家づくりをご提案しているエフ・プロダクツです。

秩父・寄居・深谷・本庄・熊谷エリアで【大正8年創業・新築施工実績3,000棟以上!】

秩父郡市で7年連続住宅新設・着工棟数NO.1

秩父市・横瀬町・小鹿野町・皆野町・長瀞町・寄居町・深谷市・本庄市エリアで

新築住宅をご検討中の皆様へ、家づくりに役立つ情報をお伝えいたします。

本日のテーマは、『新築×諸費用』です。

 

新築マイホーム計画の最初に、

資金計画を立てておくことは、とても大切です。

住宅ローンを利用予定の場合は、

住宅購入の総費用が、月々無理なく返済できる額になるか、

きちんと確かめておきましょう。

正しい資金計画の第一歩は、新築購入の費用は、

一体何があるのかを把握しておくことです。

 

<住居購入に関する費用>

まずは、新築を購入するにあたって必要な諸費用です。

 

印紙税

新築一戸建てを建てるときは、契約書を取り交わします。

工事を依頼する際に結ぶ「工事請負契約書」には印紙が必要となります。
印紙の価格そのものが、印紙税です。
印紙税は、契約書に記入される金額を基準として変動します。

 

付帯工事費

新築の建物工事以外にも、さまざまな工事が必要です。

いわゆる、「付帯工事」というものです。
新築付帯工事には、以下のようなものがあります。
屋外給排水工事
浄化槽設置工事
地盤補強工事
外構工事
付帯工事として含むものは、住宅会社によっても違うので、
見積もりを貰う際には、何が含まれているのかを確認するといいでしょう。

全体での工事費のうち、おおむね20%程度が、付帯工事費として掛かっています。

 

<住宅ローンの費用>

新築一戸建てを建てる際は、多くの方が住宅ローンを利用されます。
新築住宅ローンを利用する際にも諸費用が発生します。

 

保証料

新築住宅ローンを利用するには、保証料の支払いが必要です。
保証料の支払い先は、「保証会社」です。

万が一自身で住宅ローンを支払えなかった場合は、

支払いを保証会社に肩代わりしてもらうこととなり、

そのために保証料が必要となるいうわけです。

 

融資手数料

融資に関する手数料も支払う必要があります。支払い先は、銀行です。

融資手数料は、新築住宅ローンの種類や銀行によって様々です。
一律で金額を定めていることもあれば、借り入れ額を基準として設定していたりします。

 

<税金について>

諸費用のうち、税金について解説します。

 

登録免許税

新築一戸建てを建てたのであれば、

「住居の所有者は私ですよ」と、国へ報告する必要があります。
このときに発生するのが、「登録免許税」です。
馴染みのある言葉でいうと、登記の費用です。

 

不動産取得税

新築一戸建てという不動産を取得したなら、「不動産取得税」の支払いが必要です。
不動産取得税の支払いは、一回きりです。

 

固定資産税

当然ですが、新築一戸建てには固定資産税の納付が必要です。

固定資産税は、新築一戸建てを所有し続ける限り、支払う必要がある税金です。
一種の「ランニングコスト」として考えられます。
固定資産税がどれほどかかるのかは、事前にきちんと確認しておきましょう。

 

<その他>

火災保険料

新築にかける保険の筆頭として、火災保険が挙げられます。
火災保険の加入は任意ではなく、法律で義務付けられているので注意してください。
つまり火災保険料は、新築一戸建てを建てたなら、かならず必要となります。

火災保険料は、補償内容や期間、保険会社のプランによってさまざま。
ひとまず初回の支払いについては、20万円から50万円程度と見積もっておけばよいでしょう。

 

地震保険料

地震保険への加入は任意です。
とはいえ、多くの家庭が積極的に加入しています。

 

家具・電化製品代

おそらく、家具や電化製品も、一部買い足す(買い換える)こととなるでしょう。
費用総額は、過程によってさまざまですが、30万円〜100万円程度であるとが多いようです。

 

水道加入金

水道を使うために必要な加入金です。
金額は、メーターの「口径(大きさ)」によって決まります。
一世帯の住宅であれば、たいていは20mm口径のものになるでしょう。
同じ20mmでも、かかる金額は市区町村によってさまざま。
50,000円弱に収まることが多いです。

 

<まとめ>

 以上が、新築一戸建てを建てる際に必要となる、主な諸費用です。
建てる家、建てる土地によっては、また別の費用が必要となるかもしれません。
どんな家を建てたいのか、そのための費用はいくらかかるのか、
まずは新築住宅のプロに聞いてみるのが1番です。
深谷・熊谷・本庄・秩父地域を中心に、
埼玉県で自然素材を使った新築注文住宅をご検討の際は、
是非エフ・プロダクツへお越しください。
トップへ戻る