秩父・深谷・熊谷・寄居の新築一戸建てならF.PRODUCTSへお任せ │ 自然素材を活かした安心価格で価値のある注文住宅を実現します。

F.PRODUCTS F.PRODUCTS

お気軽にお電話ください 0120-367-668 営業時間9:00~19:00
  • HOME
  • ニュース
  • 秩父・寄居・深谷 新築住宅コラム【新築注文住宅を建てるならシューズクロークを!】

News ニュース

秩父・寄居・深谷 新築住宅コラム【新築注文住宅を建てるならシューズクロークを!】

2020.02.12

秩父市・横瀬町・小鹿野町・皆野町・長瀞町・寄居町・深谷市・本庄市エリアで土地探しからの家づくりをご提案しているエフ・プロダクツです。

秩父・寄居・深谷・本庄・熊谷エリアで【大正8年創業・新築施工実績3,000棟以上!】

秩父郡市で7年連続住宅新設・着工棟数NO.1

秩父、寄居、深谷、本庄で注文住宅を建てようと考えていらっしゃる方は、「秩父、寄居、深谷、本庄にマイホームを建てるなら

アパートの時より玄関をスッキリさせられるような収納を設けたい」と考えてる方が多くいらっしゃいます。

賃貸のときは、靴箱に入り切らなくて外に出しっぱなしの靴や、お子さまがいるご家庭ではベビーカーやお子さまの遊具の

収納場所がなく玄関に置きっぱなしで、外の出入りが大変になることも。

秩父、寄居、深谷、本庄にマイホームを建てたならキレイな玄関にして気持ちよく玄関の出入りをしたいところです。

キレイな玄関にするには「シューズクローク」を造ることがおすすめです。靴だけの収納ではなく、

傘や上着子どもの遊具などを仕舞うことができる収納スペースです。

ちなみに、間取図では「SC」「SIC」と表示されています。

メリット

シューズクロークのメリットは、玄関をスッキリ・キレイに見せることができるというです。

シューズクロークを玄関に造り、靴や傘、雨具、ベビーカー、子どもの遊具などを収納することができます。

靴で散らかっている玄関をキレイに片付けたスッキリした空間に見せるには収納スペースを造ることです。

シューズクロークは、靴や遊具、ベビーカー以外にも外にでかけるのに上着を羽織りたいなというとき用に

上着も収納しておくこともできます。シューズクロークに上着を収納しておけば簡単に取りに行きことができ

時短となりとても便利です。玄関先に収納スペースを設けることによって生活導線もスムーズになり

玄関もスッキリすることができます。

シューズクロークの十分な収納スペース確保をすれば、玄関に靴箱を置くことなく開放的な玄関になります。

デメリット

シューズクロークを造ることによって玄関が狭くなってしまうことがデメリットです。

よって、シューズクロークを設ける際は玄関の広さとシューズクロークの広さを把握しどのくらいの広さを

設置すればいいのかを設計士の方と話し合い確認しておくことが必要です。家の大きさによって

シューズクロークを広く確保してしまうと玄関が狭くなってしまうこともあります。

シューズクロークにたくさんの物を収納してしまいますと、ただの物置になってしまうので要注意です。

そうならないためにも、設計の段階からシューズクロークには何を収納するのかを考えていくことが大切です。

どのくらいの収納量なのか、生活動線の計画を考えていく必要があります。

シューズクロークの扉

シューズクロークに扉を付けるか付けないかで悩む方がいらっしゃいます。

扉を付けることによって中が見えることがなく、玄関がスッキリし開放感ある空間になります。

シューズクロークに扉を付けるなら引き戸がおすすめです。

引き戸なら開閉時のスペースを確保する必要もなくスムーズに使うことができます。

訪問者がいらした時は締めておきことができプライベート空間を他の人に見られる心配もありません。

ウォークスルーの場合

シューズクロークをウォークスルーにすることによって玄関から入ってきてウォークスルーを通って部屋に入ることができます。

ウォークスルーのメリットは、シューズクロークの横にパントリーを造っておき、玄関から入ってきてそのまま

ウォークスルーを通り買ったものをパントリーに収納することができます。

キッチンが隣にある設計にしておけば、すぐにキッチンにも行ける導線を造ることができます。

買い物が多い場合はとても便利な間取りとなっています。

ウォークスルーを造る際に注意したいことは、玄関もシューズクロークも十分な広さを確保できているかどうかです。

ウォークスルーを造っても広さが十分ではなければ、玄関に物が散らかってしまいます。

ウォークスルーを造る場合は、設計士の方に造りたいことを話していただきどのくらいのスペースを確保すれば

広く開放的に玄関を見せることができるのかを話し合うことがとても大切になってきます。

シューズクロークは、広さ・奥行きがとても大事になってくる収納スペースです。

生活動線を想像していただき、何を収納するのかどんな物、洋服を置くのか、また、疑問に思うことなどは

営業担当の方や設計士の方に相談していくことが、理想のシューズクロークを造ることができます。

今回、紹介しましたポイントを押さえていただき秩父、寄居、深谷、本庄の注文住宅を建てるときの参考にして頂ければ幸いです。

トップへ戻る